スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

irocaを着たお客様(蝶羽根の絵羽、単衣)

先日、蝶の絵羽の着物を着てマルイワンを訪れてくださったお客様です

P1020185.jpg


実はこの着物

2007年ごろに浴衣としてデザインしたものがあったんですが、すぐに完売

写真のお客様の問い合わせで新たに単衣の着物として仕立てたものです

めちゃくちゃかっこよかったんで、許可をいただいて載せさせていただきました


背中に大きく羽根を広げるように描かれた羽根と胸元には蛹からかえったばかりの蝶が描かれています



蝶は僕の思い入れの強いモチーフ

卵、幼虫、蛹、成虫と様々な形に劇的に変態していく様と

女性が一生の中で大きく美しく変化していく様が

意味の上でもリンク

(柄の意味としても昔からこういう意味があって、変化していく女性は、まわりからずっと「可愛いね」と愛でられるそうです)

女性の象徴のような柄ではないか、なんて思う次第です


きっと、これからも蝶のデザインはしていくんだろうなあなんて思います




色々なものを作っていく過程で、「ああ、これはやりすぎたかなあ」とか「やっちゃえ!」って感じで作ったものも多くあるんだけど

そういったエッジのきいた部分を好んで評価してくれる方です

画像ではわかりづらいですが、特大の蝶羽根リングもつけてくださっています


この日は、日傘をもとめて来てくださいました


P1020187.jpg


そして羽根を羽ばたかせながらのご帰宅姿(ボケボケですいません)
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://narutoshiishikawa.blog.fc2.com/tb.php/32-098ee08b

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

narutoshi

Author:narutoshi
石川成俊
narutoshi ishikawa
iroca

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。