スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月兎

  • 2011/08/04 01:10
  • Category: 浴衣
前回の記事からずいぶん時間があいてしまいました

立て続けに急ぎの仕事が入ってしまい作業の毎日だったのですが

少し余裕が出てきたので、又、新作浴衣の説明でもしてみます


tsukiusagi.jpg


「月兎」という名前をつけました

今年は卯年ということもあり、兎をテーマにした浴衣を作りたいと思っていましたが
いかんせん僕は兎を描くのがあまりうまくない...
描いては消し、描いては消しの連続で「よしっ!」と言えるまで苦労しました
今年4柄の新作をデザインしたのですが、この兎が一番時間がかかったのかもしれません

まあ、そんな意味もあって今はとても愛着を感じています



兎は古典柄でも多く見られるし、その愛らしい姿が女性がとても好む柄のひとつになっています

おとぎ話でも「ウサギと亀」「カチカチ山」「因幡の白ウサギ」
西洋でも「不思議の国のアリス」「ピーターラビット」あたりが有名なところでしょうか



古来から語られてきた意味としては、

十二支の中の兎の年は「飛躍」「発展」につながる年になるといわれています


又、今回僕もテーマにした「月に兎」ですが

インドの古い神話が元になって生まれてきた話のようです




帝釈天という神様がやせ衰えた老人の姿になって、狐・猿・兎の前に姿を現しました

すると兎は老人の飢えを防ごうと、自ら燃え盛る炎の中に飛び込んでその身を捧げました

帝釈天はその兎の行動を称え、黒焦げになった兎の身を月に納めたといわれています

その納めた姿が月に浮かぶ兎のシルエットとなった

というお話です


この神話がインドで仏教に取り入れられ、中国、日本へと伝わったと言われています



また、「月で兎が餅をつく」というのは、とても日本人っぽい発想だなあなんて思いますが

昔、「満月」のことを「望月」(もちつき)とよんでいたところから、発音が似ている「餅つき」を連想していったところから生まれた発想のようです



そんな話が色々あるのですが


今回のirocaの「月兎」に込めたテーマは、「女性」「月の満ち欠け」「兎」の3つで、その関係性をひとつの絵にしたみたかったところからデザインしてみました

多くは語りませんが、ピンときてくれる方もいると思います

イメージとしては「胎内」をという感じが想起させられたらいいなって



まあ、そんな感じです


IMG_1055.jpg

IMG_1053.jpg

携帯で撮った画像なんで色が正確に出ないですね
オレンジっぽくはなく、ビビッドな赤です


是非、羽織ってみてください

実はあと残りわずか...

気になっている方いたらお早めにどうぞ

irocaのホームページのオンラインショップはいまだオープンしていませんが(すいません...)

遠方の方でもご連絡いただければ、個別に対応させていただきます

contact



■ 月兎 レディース浴衣

綿100%
生地、縫製:日本
29,400円(税込み)



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://narutoshiishikawa.blog.fc2.com/tb.php/11-b978f986

Comment

  • URL
  • 2011/09/17 00:30

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

narutoshi

Author:narutoshi
石川成俊
narutoshi ishikawa
iroca

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。