スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミズクラゲ(jellyfish)

  • 2012/08/21 05:28
  • Category: 浴衣
まだまだブログで紹介していない浴衣があったなあと

もう8月も終わりつつありますが、まだまだ夏は終わっちゃいない

書けるときに書かなきゃと思いまして

「ミズクラゲ」の紹介です

これは昨年初お目見えしたのですが、昨年は記事にしてなかったなあと...

jellyfish01.jpg

波間に揺蕩うミズクラゲを浴衣を海にたとえて泳がせてみました

jellyfish003.jpg



おそらくですが、浴衣や着物の柄としては初?の試みだと思います



いまだ生物学的にも謎の多いクラゲ

その透明感のある美しさと水流に身を任せながら揺蕩う姿がやすらぎと刺激の両方を与えてくれる存在

今に生きる人たちが興味を引かれる存在なんじゃないかって...



青紫の海に蛍光に発色したような黄緑色のライン

バックにはクラゲの水管をデザインしました

波間に揺蕩うイメージが表れていたら幸いです




クラゲへの思いは、ある意味思い入れが強過ぎるがゆえに今まで作れなかったというか、複雑な感情でした

もしかしたらこの仕事をはじめたころからずっと形にしたいと思っていたものかもしれません


今から約25年前、僕がやっていた演劇というかアート集団というか、

そこでクラゲを舞台に使おうと飼育していたんです


出会いは「昭和天皇のご研究」という展示会でした

本当の目的は「ボロフスキー展」だったはずですが、となりでやっていたミズクラゲの展示のインパクトがすごすぎて...もう心を奪われてしまったわけです

そしてそこからが大変で、江ノ島水族館にクラゲ飼育を教わりにいったり、火力発電所の冷却水が放出される場所に採集にいったり、と
※江ノ島水族館の志村先生には大変お世話になり、志村先生も著者として名を連ねる「水族館は海への扉」(岩波ジュニア文庫)には、僕のことを書いてくれました(おそらくもう絶版)

結果、飼育には成功し(説明すると長くなるので省きますがクラゲの飼育は本当に難しいんです)、舞台にも使用されたんですが

naru_jellyfish01_2.jpg
25年ほど前、某雑誌に載った写真


年月が経った今も、どこかでクラゲを何かの形に残したいとずっとずっと思っていました

着物の仕事をはじめて、なんていうか過去の仕事にとらわれたくない変な感情もあって、もしかしたらさけていたのかもしれません

でもなんかそんな気持ちがくだらなくも思え、それより今の人達がどういう風にとらえるのかなとか、今の人達は求めているんじゃないかとか、そういう気持ちの方が重要に思えてきて形にしてみたわけです






クラゲはその傘に空気の泡が入るとそこから溶けていってしまいます

なんとも儚く一生を終えていくのでしょうか


又、再生機能も備えていたりと

不思議な生き物ですね


眺めていると、彼らには意志のようなものがあるのだろうかとか考えてしまいますが、(脳がないからおそらくないのでしょうか)

そんなものは小さな考え

その美しさという魅力に存分に浸っていたいものです





暑い夏に不思議な気持ちを携えて街という海に泳ぎ出てください

P1010111.jpg
スポンサーサイト

佐藤さんと田村さん

  • 2012/08/21 03:55
  • Category: 製作
少し時間ができてきたので、今まで書こうと思ってて書けなかったことを書いていこうかなと...

本当はこういうのはタイムリーに書くべきなんだろうけど...

反省です



さて今回は、浴衣の撮影に関わってくれたお二人を紹介します

まずは佐藤健司(makeup)さん

kenjisato01.jpg


ブログで前にも書きましたが、今年の3月にとあるイベントで一緒になった方です

unexpected_encounter06.jpg
unexpected_encounter04.jpg


IMATS(International Make-up Artist Tread Show)世界大会優勝と、経歴を聞いてしまうとものすごいのですが、

海外で映画やグラビアなどの特殊メイクアップを仕事としていた方です

まだ日本に帰ってきたばかりのようですが、現在は後進の指導に力をいれているようです


そのセンス、技術は本当に素晴らしかったのですが、それだけでなく、話してみるととてもステキな人でした

物腰がとても柔らかで繊細な印象ですが、奥底にハードな部分を僕は感じたりもしました

ああ、この人と何かやってみたいなぁと...


今回のiroca浴衣の撮影に参加していただいたわけです

「九尾の狐」「蝶 羽根」のイメージが、より深くそして先鋭的なものになったのではと思っています

kyubinokitsune02.jpg
butterfly01.jpg

またいつか面白いものを一緒に作れたらと

僕も頑張んなきゃ、と...

気が引き締まる思いです


unexpected_encounter01.jpg

佐藤健司HP

佐藤さんの過去の仕事などもスゲーかっこいいので見てみてください



次は田村雄介(photo)さん

申し訳ない、田村さんの写真がありません(これはカメラマンの宿命ですかね)


田村さんとの出会いはちょっと古く2009年でした

6%dokidokiという原宿にあるショップが期間限定でサンフランシスコにショップを出すというので

僕はそのエントランスのデザインと施工を依頼されて仕事してきたのですが

田村さんはそこにカメラマンとして参加していました

現地で材料調達から作りこみしてOPENと非常にヘビーな内容だったのですが

田村さんはカメラマンとしてだけでなくショップの作りこみにも参加したりととてもアグレッシブに動いていました

まあ何といいますか、とても近い匂いを感じてしまったわけです

6sf_01.jpg
6sf_02.jpg

近いのも当然といえば当然で、僕が若いころやっていた演劇やアートのころの人脈に田村さんの奥さんやこのショップの人間がいたりするわけなんですが、

なんていうか一つの目的のために持っているものを出す姿勢がすごく好きで、ああ、いい男だなって、何かやりたいなって...


そこから僕が何かやる時にちょっとづつ写真をとってもらったり

kimonobiyori2010_05.jpg
kimonobiyori2010_02.jpg
kimonobiyori2010_03.jpg

これは2010年の「きもの日和」でのサルサチームと着物のコラボ(演出、映像、衣装を担当しました)

yukatashinjyu01.jpg
yukatashinjyu02.jpg
yukatashinjyu03.jpg

これは2010年のマルイワンイベント「浴衣心中」


そして今回の撮影で、どっぷりと一緒にやってもらったわけです

kyubinokitsune03.jpg
butterfly02.jpg

僕は写真の知識があまりないので、こうしたら絶対にいける!っていうのが簡単にわかるわけではないので

用心して光の当て方などを何パターンか撮ってもらうのですが

つたない表現をちゃんと理解してくれ、さらに僕の想像を超えたものを撮ってもらえたと思っています


田村雄介HP
(現在準備中で何も見れませんが、近々色んな写真を載せたいと言っていましたよ)



このような形でスゲーいかしたビジュアルができたってわけです

本当にステキな男達でした

サイコーでした


様々な感謝を込めて

P1020086.jpg

8.12をもちまして、新宿マルイワンでの浴衣イベントが終了いたしました

毎年のことですが、今年も様々な出会いがあり、ステキな夏を過ごすことができました


irocaの商品に興味をもってくださった多くのお客様

毎年、新しい提案と刺激を与えてくれる参加ブランドの皆様

日々の忙しい業務の中、イベントに力を発揮してくださったマルイワンスタッフの皆様


全ての方々に感謝です


どうもありがとうございました!


ここでのイベントは今年で3回目、自由な発想と新しい試みをいつも感じさせてもらっています

着物業界においてとか生意気なことを言うつもりはありませんが、

なんか「いいじゃん、着物!」「先につながっていくよ!」とか前向きな気持ちになるイベントです



僕はこのイベントが大好きです!

素敵なメンバー達とひと夏かぎりの花火を打ち上げているようで...

仕込みに多くの時間と力を費やして、ドカンと打ち上げて、それがお客さんに喜んでもらえたらって

なんかそんな感じです



まだまだ夏は終わりません

浴衣をどんどん着て、夏をエンジョイしてくれたら嬉しいです



ではでは、ホント、サイコーの夏をありがとうございましたっ!


P1020192.jpg



そして、今日

やっと一区切りついたので、館林にあるお寺に墓参りに行ってきました

じいちゃん、ばあちゃんに様々な報告をしたくて

日々の忙しさにかまけてもう2年ぐらい行ってなかったから、なんだかすごく行きたくて

僕も歳をくったのかなあと、墓参りに無性に行きたくなるなんて若いころににはなかった感情です

んで、色んな話をしてきましたよ




多分、偶然なんだろうけど

お寺に入る時と墓参りが終わってお寺をあとにする時、1匹の蝶(それぞれ別の蝶でした)が

まるで出迎えと見送りをするように近くを飛んでいました

「蝶は死者の魂を運ぶ」って言うから、もしかしたら、じいちゃん、ばあちゃんかな、なんて思ったり

不思議だけど心地よい瞬間でした



久しぶりにゆっくり流れる時間を味わうことができたなって

そんな夏の1日でしたよ

IMG_9728.jpg

Pagination

Utility

プロフィール

narutoshi

Author:narutoshi
石川成俊
narutoshi ishikawa
iroca

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。