スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012天神祭生中継

7.25にテレビ大阪で放映される「2012天神祭生中継~ようこそ祭の特等席へ~」という番組で

irocaの浴衣や帯、帯留めなどを衣装提供させていただいています

関西方面在住の方はチェックしてみてください!

日本三大祭の一つですし、大阪三大夏祭りの一つでもありますから相当な賑わいでしょうね


以下、詳細です

7.25(水)18.59~20.54

テレビ大阪
「2012天神祭生中継~ようこそ祭の特等席へ~」

出演:司会 西川きよし、なるみ
   ゲスト 萬田久子、三田村邦彦、眞鍋かをり、國村隼


テレビ大阪
2012天神祭生中継~ようこそ祭の特等席へ~

スポンサーサイト

facebookに関するおわび

facebookより石川成俊からの招待メールが届いた方々へのおわびです

この度は、ご迷惑をおかけしてしまい大変失礼致しました
約1週間ほど前にfacebookをはじめたのですが(再開)、facebookの機能で自分の知り合いがfacebookを利用しているかどうか見ることのできる機能があります
その時に自分のメーリングリストをfacebookに読み込ませるのですが、
その検索の際に「facebookを利用していることを友人に知らせる」という一文にチェックマークが入っていたようです
つまり、僕のメーリングリスト全ての方にメールが届いてしまったようなんです
先ほど古い友人から指摘を受け、現在は設定を解除、リストも完全に削除いたしました
自分の意思ではないにせよ、ご迷惑をおかけしてしまい大変失礼いたしました
完全な僕のミスです
仕事上メールのやり取りをした方々、以前商品などの問い合わせをしていただいた方々(屋屋時代のものも含まれていました)、友人知人の方々
大変申し訳ありませんでした

改めてお詫びのメールを一斉送信しようかとも思いましたが、それはさらに迷惑を重ねるだけではとも思い
又、興味の無い方は無視してくれたのではとも

何事かと思った方は、HPやブログにたどりつくのでは、と、ここにお詫びの一文を載せさせていただきました

ネットの上では個人情報はよりデリケートに扱わなければいけないと改めて感じています
僕のミスで不快に思われた方々、大変申し訳ありませんでした
今後気をつけていきます
おそらく直接お会いしたりする方もいらっしゃると思いますので、その際は、再度お詫びさせて頂きます

大変申し訳ありませんでした


石川成俊

九尾の狐(fox of nine tales)

  • 2012/07/16 04:26
  • Category: 浴衣
iroca_kyubinokitsune.jpg


もう7月の半ばになってしまっているのに、今年の新作の説明をまだ書いてないなあ、と

少しづつ時間をみながら書いていきたいと思います


まずは「九尾の狐」



ずっとずっとやりたかった妖怪シリーズ

第1弾は、やっぱ九尾の狐でしょ、と

思い入れたっぷりの妖怪です


ある意味女性系の妖怪では最強

日本三大悪妖怪の一つでもあります


「玉藻前」の話が有名ですね

女性の情念とか深い愛情を強く感じさせるキャラクター


wikiに僕が感じる考えと近い文章があったんで転載しておきます

「玉藻前、九尾の狐を単なる国や王朝を破壊しようとした悪役ではなく、孤独を恐れ、愛情に溺れ、運命に弄ばれた悲劇のヒロインとする見方もある。」

そう、まさにそんな思いを込めてデザインしました

やっぱり僕は男ですから、本当の意味で女性の深い部分はわからないのだけれど

女性は皆、そういった部分をもっているんじゃないかって、そんな風に感じます


そんな九尾の狐(玉藻前)の愛が深すぎるがゆえの心の片隅にある毒の部分を「キツネノカミソリ」で表現しています

キツネノカミソリとは、彼岸花の1種で有毒植物

花びらが剃刀に似ていること、花の色が狐の体毛の色に似ていること(僕の場合は真紅にしました)から名づけられました
(ちなみにこのキツネノカミソリを見ただけで一発で見抜いた方が前の記事で書いた豆千代モダンの狩野さんです)



「妖怪」って悪いイメージだけでなくて、「妖精」のイメージも僕にはあります

なんとも愛おしく感じる存在でもあるし、幼いころから慣れ親しんだ存在(水木先生のおかげ)でもあります


今後も第2弾、第3弾と(1年に1種いや2年かな...)続けていこうと思っています

お楽しみに!



それから、画像の半幅帯は「LOTUS」蓮の花です

皆さんもご存知の通り、蓮は泥がきたなければきたないほど大きな花を咲かせます


仏教的にも人生にたとえる部分が大きく、

美しい花を咲かせるにはきたない泥が必要、つまり辛いことや悲しみがなければ人生花開かない

というような教えがあります

泥の中に根をはり水面に美しい花を咲かせる、辛苦や困難の上にたってはじめて幸せがある

なんて考えができると思います


「九尾の狐」(玉藻前)の思いをある意味浄化する、昇華する、そんな意味合いであわせてみました




着物の世界では、蓮の花はあまり使われないようですね

あんなに美しい花ですから自分なりに色んな意味づけをして身にまとってもらえたらと思います

画像の赤地のものと他に黒地のものもあります(裏地はそれぞれ2種類)




※又の機会に、柄の持つ意味合いに対する僕の考えなんかを書いてみたいと思います


kyubinokitsune01.jpg


irocaを着たお客様(蝶羽根の絵羽、単衣)

先日、蝶の絵羽の着物を着てマルイワンを訪れてくださったお客様です

P1020185.jpg


実はこの着物

2007年ごろに浴衣としてデザインしたものがあったんですが、すぐに完売

写真のお客様の問い合わせで新たに単衣の着物として仕立てたものです

めちゃくちゃかっこよかったんで、許可をいただいて載せさせていただきました


背中に大きく羽根を広げるように描かれた羽根と胸元には蛹からかえったばかりの蝶が描かれています



蝶は僕の思い入れの強いモチーフ

卵、幼虫、蛹、成虫と様々な形に劇的に変態していく様と

女性が一生の中で大きく美しく変化していく様が

意味の上でもリンク

(柄の意味としても昔からこういう意味があって、変化していく女性は、まわりからずっと「可愛いね」と愛でられるそうです)

女性の象徴のような柄ではないか、なんて思う次第です


きっと、これからも蝶のデザインはしていくんだろうなあなんて思います




色々なものを作っていく過程で、「ああ、これはやりすぎたかなあ」とか「やっちゃえ!」って感じで作ったものも多くあるんだけど

そういったエッジのきいた部分を好んで評価してくれる方です

画像ではわかりづらいですが、特大の蝶羽根リングもつけてくださっています


この日は、日傘をもとめて来てくださいました


P1020187.jpg


そして羽根を羽ばたかせながらのご帰宅姿(ボケボケですいません)

「マルイワンゆかた2012」ブランド紹介

やっと時間が作れるようになってきたので、浴衣イベントに参加しているブランドを紹介します


P1020202.jpg
豆千代モダン
マルイワン4Fに店舗もあり、カラフルでモダンなたくさんの商品が目白押し
ちなみに僕は豆千代モダンスタッフの狩野さんという着物の知識がものすごい方のファンでもあります


P1020194.jpg

P1020195.jpg
Rumirock
マルイワンイベントでコラボしたり、まあ色んな相談したりと長いお付き合いになってきました
デザイナー芝崎さん、キモノスイッチ金子さんを中心に様々な展開をしています
自転車で10分というご近所さんでもあります

P1020201.jpg
居内商店
マルイワンイベントでは、イラストレーター井上豪さんのイラストをプリントした商品を中心に展開
ファンの多い井上さん、今年は似顔絵イベントで来るのでしょうか、なんか来るって話を今日していたような...

P1020203.jpg
ポワソンドール
円(madoka)さん、ハセガワアヤさんとお二人でやられているブランド
僕が見ていて感じるのは、ポワソンドールを好むお客様は背の高い大人の女性が多いような気がします

P1020200.jpg
CHOKO
ポワソンドールさんとのコラボで毎年イベントに参加しているカリスマ着物ブロガー、ファンも多く彼女が来るときはひっぱりだこ状態です
リングリングという人気の帯飾りは、僕も好きです

fe6df2bc.jpg
おまけでirocaアシスタントがとてもお世話になったCHOKOさんと



とまあこんな感じで、これだけの個性派ブランドが一同に会するイベントは、東京でも(いや日本でも?)マルイワン浴衣イベントだけ!
といってしまっても過言ではないくらいそれぞれのブランドが、浴衣への思いを、力のこもったデザインを、提案しているイベントだと思います

これだけ毛色が違うのに、違うブランドの商品を合わせてみると実はビシッとはまったり、と
日々色々な発見があります


是非、お越しください


P1020192.jpg
エスカレーターを上がって左を見ると日傘を差したクラゲマネキン(恐いかな?この写真)がお待ちしています

irocaオリジナル レディース下駄

前の記事でメンズ下駄を紹介しましたが、レディースも作りました

こんな感じです

P1020154.jpg
台は、利休(りきゅう)※関東では日和(ひより)とよびます
台の部分が桧、歯はブナ材を使用
ゴム無し(粋!)なので歯は強いブナ材です
薄さが、たまらない魅力です

P1020151.jpg
バックショット
シャープですね!

P1020157.jpg
花緒は二石(花緒が二重になっています)
エナメルです、艶っぽい!

P1020160.jpg
横から見ると高下駄なのがわかると思います
下駄に履きなれない方には少々履きづらいかもしれませんが、「粋」のためには少々の苦労も
裏にさりげなく赤が入っています

P1020170.jpg
同じタイプで赤バージョン

P1020173.jpg
デラデラしてて妖しくもあります

P1020181.jpg
こちらも裏に黒が入っています



どうしてもこのフォルムの下駄が作りたくて、色々探したんですがなかなか見つけられず...

色々聞いてみると、昔はこのタイプは人気があったんだけど今は需要が少ないそうで、日本でも作っているところが少ないそうです



やっぱり高下駄はかっこいいなあ粋だなあと僕は思うんですが、

履きづらさなどから敬遠されがちなんだと思います

粋って大変な部分もあるけど、おしゃれは努力も必要

是非、我こそはという方々に履きこなしていただきたいと思っています


いずれ僕も板前下駄(歯がチョー高い)に挑戦したいなあ、と...

新宿マルイワンで販売中です



マルイワン ゆかた 2012」

会期:2012.6.23(土)~ 8月中旬

会場:新宿マルイワン 5F ワンラボ
※今年は5階です



新宿マルイワン
マルイワン ゆかた 2012

2012メンズ帯飾り&下駄

男だって帯まわりでおしゃれしたっていいじゃないか!

ってことで、今年は、帯まわりの色んなアクセサリーを作ってみました

P1010957.jpg
刀の鍔をイメージ、角帯に縦に巻くようにつけます
帯の柄の一部にもできるし、バックル感覚でもかっこいい
あえて真ん中ではなく脇に寄せてつけるとグッと粋な印象がすると思います

P1010962.jpg
単体ではこんな感じ
簡単なホック留め、長さ調節は2段階、8cmと10cm
例えば9cm幅の角帯の場合は、帯を2.3枚巻き込めば調節可能です

P1010967.jpg
蛇柄の紐も色違いがあったり
刀の鍔部分も、もう1色(ゴールド、金粉入り)あります

P1010990.jpg
猫が2匹、毬にじゃれついています

P1010995.jpg
道具シリーズ
和釘(材木カン)、今でも神社仏閣ではこの釘が使用されています
先端は丸めてあります
これも長さ調節が可能、編み紐の先がネックレスのようなカニカンになっていますのでチェーンで長さ調節
洋服でもブレスレットとしてどうでしょう、女子だったらバックチャームとか

P1010997.jpg
道具シリーズその2
明治、江戸時代の蔵の鍵、これは本物のアンティークです
錆だらけだったものを焼きを入れ直しました
時代を超えて平成に復活です
フォルムが少し雑な感じがして、めちゃくちゃかっこいい

P1020067.jpg
チェーンシリーズ
今年の干支である龍と海外のドラゴン、そして蜘蛛の巣
サンゴの玉がついているので、龍の珠としてのイメージもプラス

P1020077.jpg
こちらはサンゴの大玉とインペリアルジャスパー
蜘蛛と星のチャームがついています
インペリアルジャスパーは地球みたいなんで、星かな、と


P1010929.jpg
今年からirocaオリジナル下駄を作ってみました
台は右近で、つや消し黒の塗り下駄
桐材を使用、メチャクチャ軽いです

P1010943.jpg
花緒は、二石(花緒が二重になっています)
あえて上下の間隔を少しあけてあります
材質はエナメル、デラデラしてていいですよ



浴衣と帯だけのシンプルさもいいですが、

どこかワンポイント!自分なりのおしゃれにお役立てください


新宿マルイメンにて展開中です

会場:新宿マルイメン 7F 浴衣売場
会期:現在開催中~終了日未定

新宿マルイメン


※下駄は新宿マルイワンにも若干置いてあります

77

P1020083.jpg

本日もマルイワン行ってきます

昨日作ったアンティークガラスもの、出来立てほやほやを持ちつつ




お待ちしております





f_logo.jpg
iroca.narutoshi

facebookはじめました
というか凍結してたの再開しました

こちらも宜しく!

WDその3

  • 2012/07/02 00:18
  • Category: 製作
ウインドウディスプレイ設置してきました

やっと完成です


7.1マルイワンにて
P1010912.jpg

P1010922.jpg

P1010923.jpg

P1010927.jpg


ちょっと情報量が多すぎる気がしますかね

相変わらずといいますか、僕の悪い癖ですね、やりすぎってやつです



まあ、でも、「なんじゃ、こりゃ!」と

「面白そうだぞ」「5階に見に行ってみるか」と思ってくれれば

役目を果たせるかなと思うんで、ね



設置が閉店間際だったんで、夜なんでわかりづらいかな

近くで見ると透け感とかデラデラした感じとかスゲーかっこいいんで

色んな方に見てもらえたらって思ってます


是非、マルイワンにお越しください!




WDは、7.15まで

Pagination

Utility

プロフィール

narutoshi

Author:narutoshi
石川成俊
narutoshi ishikawa
iroca

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。