スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wildsider (irocaデニム)

  • 2013/03/14 01:27
  • Category: 着物
wildsider01.jpg

「wildsider」と名付けたデニム着物を作りました


デニム着物は数あれど、

わりとカチッと着るようなものが多く見られ、個人的にはなんかしっくりこない感じがしていました


デニムってやっぱりラフでタフなイメージが強く

昔だったらアメリカの作業着、今だったらストリートの匂いを感じます


んで、僕なりにかっこいい着てみたいデニムが作れないかと考えていたわけです


wildsider02.jpg

wildsider03.jpg


アイデアはすぐでてきたのですが、いかんせん縫製を引き受けてくれるところがない

ずっと暖め続けていたのですが、やっと縫製してくれる方があらわれました

(今回無理な注文を聞いて縫製していただいた関係者の方々にはホントに感謝です)



画像にあるとおり、生地をぶった切ったポイントを全部で5箇所

着続けていく(洗濯していく)うちに糸がほつれて、よりワイルドな印象が増していく

また、最初からわざとほつれさせてみたり

wildsider04.jpg

この画像は、テスト用に軽く手縫いしたあと生地を金ブラシでガシガシと乱暴にほつれさせたものです

好みは人それぞれ、もっとハードにしてもいいし、安全ピンや缶バッジなんかをつけたい人もいることでしょう

メッセージや絵をいれたい人もいるでしょう(抜染加工も準備中です)



まあ僕の勝手なイメージは

リチャードヘルがメッセージシャツを破き、短く刈った髪にオレンジジュースをふりかけ逆立て

「I belong to the blank generation」と叫ぶ感じでしょうか


着物も洋服もそれは着る人の自己表現だとも思ってるんで

自分なりにアレンジしてワイルドに着こなしてもらえたらと思っています


今週末の「KIMONOROCK」ではサンプルを1着持っていきますが(メンズですがレディースももちろんOK)

受注という形で作らせて頂きます

ほつれ加工も画像の感じでいいのなら僕が加工します


是非、一度見てみてください!




ワイルドサイドにいる人達へ


ワイルドサイドを歩け!


ブルーマスクのころの最強の4人
ギターは元voidoidsの故ロバートクワイン!

ついでにヘルも



「wildsider」って英語として通じるんだろうか

まあいっか、イメージが大事



あっ、こんなデニムもあります

lamedenim.jpg

ラメデニム ゼブラ
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

narutoshi

Author:narutoshi
石川成俊
narutoshi ishikawa
iroca

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。