スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランフロント大阪 「ゆかた美人」ありがとうございました

大阪から帰ってきてもう1週間近くたってしまいました

ご挨拶遅れてすいません


たくさんのご来場、ありがとうございました!

今まで商品だけは大阪に行ってたことはあるのだけれど、石川込みでのイベントは初めて

最初はお客さんが来てくれるのか不安でいたのですが、僕の想像を超えるたくさんの方々

本当にありがとうございます!

僕が会場に行けたのは最後の2日間だけでしたが、

色んな方に会えて、色んな話ができて、とても嬉しかったです


そして、大阪、熱かったです!

着物を好きな感情がそこかしこに垣間見えたり、独特な感性をもっていたりで

とても刺激を受けさせてもらいました


これは僕の個人的な思いですが、

「大阪っていいと思ったら素直に表現してくれる」といった印象があります
(そのかわりつまらんと思ったら見向きもしない、とも)


なぜかといえば...

今から約25年ほど前に舞台で大阪に行ったことがあるのですが

その当時二十歳そこそこの若くて小汚いガキどもが10tトラック4台分の舞台装置を持ち込み、朝から晩までトンテンカンテン

劇場関係者からは、なんだあいつら的な態度をとられていたのですが(僕らが社交性がなかったせいも大きい)

舞台が出来上がりリハがはじまった途端、それまでの態度が一変、「おまえらすげえよ」って感じで一気に距離が縮まったのを覚えています
(あとお客さんの反応も半端じゃなくよくて、お客さんに乗せられたのはあれが初めての経験で、すごい熱を感じました)


だから今回も不安を抱えながらも、程よい緊張感というか、期待と不安が入り混じった感情でした

面白いと思ってもらえたかどうかは、本当のところはわかりません

でも僕なりに熱を感じさせていただきました

どうもありがとうございました!

又、次の機会を作れたら、緊張しながらもスゲーもんいっぱいもって行きますよ



それから、大阪でお買い上げくださった方やご試着なされた方

少しだけですが撮らせていただきました

一応、許可をいただいていますが、問題ある方いたら連絡ください


僕が行ったのは2日間だけでしたので、お会いできなかった方もいてとても残念です

又、次の機会にお会いできたらと思います

osaka01.jpgosaka04.jpg
osaka02.jpgosaka03.jpg
osaka05.jpgosaka06.jpg
osaka07.jpgosaka09.jpg
osaka08.jpgosaka10.jpg
osaka12.jpgosaka13.jpg
osaka14.jpgosaka15.jpg


皆様、ありがとうございました!

大阪、優しくて熱かったです

サイコーでした

ステキな夏を!


スポンサーサイト

ミズクラゲの浴衣を着て新江ノ島水族館へ

先日、「KIMONOROCK 2」にてミズクラゲの浴衣をお求めになったお客様からメールをいただきました

jellyfish_at_enoshima.jpg


この画像にある文章が添えられて

「石川様のクラゲへの愛に圧倒されました。
また、私はウケ狙いに命をかける傾向もありますもので、じっとしているわけにいきません。
是非とも、布上のクラゲと水槽のクラゲとを対面させたいと思ったのです。」

との事


どうやら、新江ノ島水族館へ行かれ、クラゲの空間の中でご自分も空間を泳いでいられたようです

なんだかとても楽しい出来事だったんで、掲載許可を頂いたという次第です


この新江ノ島水族館は、僕が約25年ほど前にクラゲの飼育を教わりに行ったところなんです(当時は江ノ島水族館)

この事は過去の記事に書いてあるので興味ある方は見てみてください
http://narutoshiishikawa.blog.fc2.com/blog-entry-39.html


しかし、とても面白い楽しみ方ですね

おそらく色々な方に声をかけられたのでは、と思います

あそこはクラゲといえば江ノ島というぐらい充実していますから、ね


新江ノ島水族館、僕ももう何年も足を運んでいませんが、とてもステキなところです

是非、皆さんも行かれたらよいと思います


そして、浴衣の楽しみ方も人それぞれ

どんどん自由に幅を拡げていっていただきたいです!




ミズクラゲ浴衣

jellyfish02.jpg
jellyfish003.jpg


irocaオンラインショップ ミズクラゲ

「KIMONOROCK 2」ありがとうございました

「KIMONOROCK 2」が終了してから、もう何日もたってしまいました

ご挨拶遅れてすいません

今回もたくさんのご来場ありがとうございました!

2回目となりましたが、徐々にイベントとしての体裁が整ってきたような...なんとなく訴えたいことが目に見えてきつつあるような...

全体を見ると、一見エッジの効いた世界観と思われがちですが(もちろんそこも重要!)、参加ブランドは頭の固くない柔軟な考えを持っている人たちばかりなので、そこの部分も伝わればいいなあ、なんて思っています

でも実はそんなことはとっくの昔に伝わってて、来てくれたお客様の方が全然先に進んでいるのかもしれないなあ、とも思ったり...



やっぱ、着物スゲーじゃん、と

どんどん先につながっていくよ、と

思う次第です


同じ志を持つメンバーと又機会が作れたら幸いです

そして、この空間の一部になれたことを光栄に思います

ありがとうございました!



そして、今回試着なされた方々をすこしだけ写真撮らせて頂きました

一応許可を頂いていますが、問題ありましたら連絡ください

ピンボケ、目をつむっているなどゴメンナサイ!

kimonorock2_01.jpgkimonorock2_06.jpg
kimonorock2_02.jpgkimonorock2_03.jpg
kimonorock2_04.jpgkimonorock2_05.jpg
kimonorock2_08.jpgkimonorock2_07.jpg
kimonorock2_09.jpgkimonorock2_10.jpg



皆様、ありがとうございました!

ステキな夏を過ごしてください!









irocaを着たお客様(蝶羽根の絵羽、単衣)

先日、蝶の絵羽の着物を着てマルイワンを訪れてくださったお客様です

P1020185.jpg


実はこの着物

2007年ごろに浴衣としてデザインしたものがあったんですが、すぐに完売

写真のお客様の問い合わせで新たに単衣の着物として仕立てたものです

めちゃくちゃかっこよかったんで、許可をいただいて載せさせていただきました


背中に大きく羽根を広げるように描かれた羽根と胸元には蛹からかえったばかりの蝶が描かれています



蝶は僕の思い入れの強いモチーフ

卵、幼虫、蛹、成虫と様々な形に劇的に変態していく様と

女性が一生の中で大きく美しく変化していく様が

意味の上でもリンク

(柄の意味としても昔からこういう意味があって、変化していく女性は、まわりからずっと「可愛いね」と愛でられるそうです)

女性の象徴のような柄ではないか、なんて思う次第です


きっと、これからも蝶のデザインはしていくんだろうなあなんて思います




色々なものを作っていく過程で、「ああ、これはやりすぎたかなあ」とか「やっちゃえ!」って感じで作ったものも多くあるんだけど

そういったエッジのきいた部分を好んで評価してくれる方です

画像ではわかりづらいですが、特大の蝶羽根リングもつけてくださっています


この日は、日傘をもとめて来てくださいました


P1020187.jpg


そして羽根を羽ばたかせながらのご帰宅姿(ボケボケですいません)

Pagination

Utility

プロフィール

narutoshi

Author:narutoshi
石川成俊
narutoshi ishikawa
iroca

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。